wpabaln.exeとは何ですか?

正規のwpabaln.exeファイルは、 MicrosoftのMicrosoft Windowsのソフトウェアコンポーネントです。

Microsoft Windowsはオペレーティングシステムです。 コンピューターのハードウェアとソフトウェアの対応物の間のブリッジとして機能するソフトウェア。 Wpabaln.exeは、Windows Performance Recorderによって記録されたイベントのグラフとデータテーブルを作成するためのユーティリティであるWindows Performance Analyserのバルーン通知を実行します。 これは重要なWindowsコンポーネントであり、無効にしたり削除したりすることはできません。MicrosoftWindowsオペレーティングシステムは、グラフィカルユーザーインターフェイスを備え、1985年11月に初めて登場しました。MS-DOSのGUIシステムシェルを使用して成長をターゲットに開発されましたグラフィカルユーザーインターフェイスの市場。 Microsoft Windowsは最終的に90%のシェアで市場を引き継ぎ、Appleなどの大規模な競合他社を引き継ぎました。 現在、137以上の言語で利用できます。

1975年にビルゲイツとポールアレンによって設立されたマイクロソフトは、収益に関して世界最大のソフトウェアメーカーです。 Microsoftは、Windowsオペレーティングシステムで最もよく知られています。 1986年の株式公開で3人が億万長者になり、推定12, 000人のマイクロソフト従業員が億万長者になった後、会社は急速に名声と財産になりました。 マイクロソフトの本社は米国ワシントン州レドモンドにあります。

WPABalNは、 W indowsのパフォーマンスを示します。

ファイル名の.exe拡張子は、exeカット可能ファイルを示します。 場合によっては、実行可能ファイルがコンピューターに損害を与える可能性があります。 したがって、お使いのコンピューターのwpabaln.exeが削除すべきトロイの木馬であるか、それともWindowsオペレーティングシステムまたは信頼できるアプリケーションに属するファイルであるかを自分で判断するために、以下をお読みください。

WindowsタスクマネージャーのWpabaln.exeプロセス

Windows WPA Balloon Reminderとして知られるプロセスは、Microsoft(www.microsoft.com)のソフトウェアMicrosoft Windows Operating Systemに属します。

説明: Wpabaln.exeはWindowsの重要な部分ですが、多くの場合問題を引き起こします。 Wpabaln.exeはC:\ Windows \ System32フォルダーにあります。 Windows 10/8/7 / XPのファイルサイズは32, 256バイトです。

時計の横のタスクバーに、このプログラムのアイコンがあります。 Wpabaln.exeはWindowsコアシステムファイルです。 プログラムには可視ウィンドウがあります。 wpabaln.exeファイルは、Microsoftが署名したファイルです。 したがって、技術的なセキュリティ評価は0%危険です。 ただし、ユーザーレビューも読む必要があります。

重要:一部のマルウェアは、特にC:\ Windows \ System32フォルダーにない場合にwpabaln.exeを装います。 したがって、PCのwpabaln.exeプロセスをチェックして、脅威かどうかを確認する必要があります。 コンピューターのセキュリティを確認するには、 セキュリティタスクマネージャーをお勧めします。 これは、 ワシントンポストおよびPCワールドトップダウンロードピックの 1つです。

$config[ads_text6] not found

クリーングパソコンはwpabalnに関わる問題が解決できる重要なことです。 つまり、マルウェアのスキャンを実行し、1つのcleanmgrと2つのsfc / scannowを使用してハードドライブをクリーニングし、3つの不要なプログラムをアンインストールし、自動起動プログラムを確認し(4 msconfigを使用)、Windows 5自動更新を有効にします。 定期的にバックアップを実行すること、または少なくとも復元ポイントを設定することを常に忘れないでください。

実際に問題が発生した場合は、最後に行ったこと、または問題が初めて現れる前に最後にインストールしたことを思い出してください。 6 resmonコマンドを使用して、問題の原因となっているプロセスを特定します。 深刻な問題が発生した場合でも、Windowsを再インストールするよりも、インストールを修復するか、Windows 8以降のバージョンでは7 DISM.exe / Online / Cleanup-image / Restorehealthコマンドを実行することをお勧めします。 これにより、データを失うことなくオペレーティングシステムを修復できます。

コンピューターのwpabaln.exeプロセスの分析に役立つように、次のプログラムが有用であることが証明されています。セキュリティタスクマネージャーは、キーボードやブラウザーの監視や自動起動エントリなどの隠しプロセスを含む、実行中のすべてのWindowsタスクを表示します。 独自のセキュリティリスク評価は、プロセスが潜在的なスパイウェア、マルウェア、またはトロイの木馬である可能性を示します。 B Malwarebytes Anti-Malwareは、スリープ状態のスパイウェア、アドウェア、トロイの木馬、キーロガー、マルウェア、トラッカーをハードドライブから検出して削除します。

関連ファイル:

svchast.exe cdssvc.exe daupdatersvc.service.exe wpabaln.exe smcss.exe cozwdhost.exe jotzey0214.exe hprblog.exe x_boost.exe usbcontrolwrapper.exe runeapps.alt1.exe

関連記事