dsHttpApiService.exeとは何ですか?

正規のdsHttpApiService.exeファイルは、 DassaultSystèmesDraftSightのソフトウェアコンポーネントです。

dsHttpApiService.exeは、DraftSightに属する実行可能ファイルです。DraftSightは、2Dおよび3Dモデリングに使用されるDWG(図面)ファイルをユーザーが操作できるようにするプログラムです。 これは重要なWindowsコンポーネントではなく、問題を引き起こすことがわかっている場合は削除する必要があります。DraftSightは、DWGファイルを操作するための低コストの代替として設計されたCAD(コンピューター支援設計および製図)ソフトウェアです。 このプログラムにより、ユーザーは既存のDWGファイルにアクセスしたり、新しいファイルを作成したりしながら、より一般的なCADソフトウェアと同様のインターフェースを提供できます。 このプログラムは、学生および非営利目的のユーザーが無料で利用できます。

Dassault Systemesは、3D設計ソフトウェア、3Dデジタルモックアップ、およびPLM(製品ライフサイクル管理)ソリューションを開発するフランス企業です。 1981年にAvions Marcel Dassaultによって設立され、現在はフランスのVelizy-Villacoublayに本社を置いています。

DSHtTPAPIServiceは、Draft Sight H yper t ext Transfer P rotocol A pplication P rogramming I nterface Serviceのです

$config[ads_text6] not found

ファイル名の.exe拡張子は、exeカット可能ファイルを示します。 場合によっては、実行可能ファイルがコンピューターに損害を与える可能性があります。 したがって、お使いのコンピューターのdsHttpApiService.exeが削除すべきトロイの木馬であるのか、それともWindowsオペレーティングシステムまたは信頼できるアプリケーションに属するファイルであるのかを判断するために、以下をお読みください。

WindowsタスクマネージャーのDsHttpApiService.exeプロセス

DraftSight API Serviceとして知られるプロセスは、DassaultSystèmesのソフトウェアDraftSight(バージョンx64、2017 SP2 x64、2015 SP2 x64)に属します。

説明: DsHttpApiService.exeはWindows OSにとって必須ではなく、比較的問題が少ないです。 DsHttpApiService.exeは「C:\ Program Files」のサブフォルダーにあります。ほとんどの場合、 C:\ Program Files \ Dassault Systemes \ DraftSight \ bin \にあります。 Windows 10/8/7 / XPでの既知のファイルサイズは123, 392バイト(すべてのオカレンスの52%)、121, 344バイト、その他6個のバリアントです。 これはバックグラウンドプロセスであり、サービス名はDraftSight APIです。

このプログラムには表示ウィンドウがありません。 dsHttpApiService.exeファイルは、Windowsコアファイルではありません。 ソフトウェアは、開いているポートでデータをリッスンするか、LANまたはインターネットに送信します。 プログラムはコントロールパネルでアンインストールできます。 したがって、技術的なセキュリティ評価は44%危険です。

この亜種のアンインストール:dsHttpApiService.exeで問題が発生した場合、 DraftSight x64またはDraftSight 2018 SP0 x64のアンインストールプログラムを使用してプログラムを安全に削除することもできます(コントロールパネル⇒プログラムのアンインストール)。

重要:一部のマルウェアは、特にC:\ WindowsまたはC:\ Windows \ System32フォルダーにある場合、dsHttpApiService.exeとして自分自身を偽装します。 したがって、PCのdsHttpApiService.exeプロセスをチェックして、脅威であるかどうかを確認する必要があります。 コンピューターのセキュリティを確認するには、 セキュリティタスクマネージャーをお勧めします。 これは、 ワシントンポストおよびPCワールドトップダウンロードピックの 1つです。

クリーングパソコンはdsHttpApiServiceに関する問題を回避するための重要な要件です。 つまり、マルウェアのスキャンを実行し、1つのcleanmgrと2つのsfc / scannowを使用してハードドライブをクリーニングし、3つの不要なプログラムをアンインストールし、自動起動プログラムを確認し(4 msconfigを使用)、Windows 5自動更新を有効にします。 定期的にバックアップを実行すること、または少なくとも復元ポイントを設定することを常に忘れないでください。

実際に問題が発生した場合は、最後に行ったこと、または問題が初めて現れる前に最後にインストールしたことを思い出してください。 6 resmonコマンドを使用して、問題の原因となっているプロセスを特定します。 深刻な問題が発生した場合でも、Windowsを再インストールするよりも、インストールを修復するか、Windows 8以降のバージョンでは7 DISM.exe / Online / Cleanup-image / Restorehealthコマンドを実行することをお勧めします。 これにより、データを失うことなくオペレーティングシステムを修復できます。

コンピューターのdsHttpApiService.exeプロセスの分析に役立つように、次のプログラムが有用であることが証明されています。セキュリティタスクマネージャーは、キーボードやブラウザーの監視や自動開始エントリなどの隠しプロセスを含む、実行中のすべてのWindowsタスクを表示します。 独自のセキュリティリスク評価は、プロセスが潜在的なスパイウェア、マルウェア、またはトロイの木馬である可能性を示します。 B Malwarebytes Anti-Malwareは、スリープ状態のスパイウェア、アドウェア、トロイの木馬、キーロガー、マルウェア、トラッカーをハードドライブから検出して削除します。

関連ファイル:

mlfhook.dll tfservice.exe gmanager.exe dsHttpApiService.exe iadhide3.dll cpuminer-gw64.exe hpssfupdater.exe netsession_win_5891ae0.dll contentprotector.exe sgrmbroker.exe findfast.exe

関連記事