ati2mtagとは何ですか?

本物のati2mtag.sysファイルは、 ATIのATI Radeon Familyのソフトウェアコンポーネントです。

ATI Radeonファミリは、コンピュータハードウェアおよびソフトウェア製品のブランドです。 Ati2mtag.sysは、ATIハードウェアとソフトウェアの最適な機能に必要な重要なドライバーであり、削除しないでください。ATIRadeonは、グラフィックス処理ユニット、ランダムアクセスメモリ、ソリッドステートドライブなどのコンピューターハードウェア製品を製造しています。 Radeonは現在、Advanced Micro Devicesの一部門です。 2000年に発売されました。

ATI Technologies Inc.は、半導体技術を開発したカナダの会社です。 グラフィック処理ユニットとチップセットの製造に特化しています。 1985年に、アレイテクノロジー産業としてLee Ka Lau、Francis Lau、Benny Lau、およびKwok Yuen Hoによって設立されました。 AMDのFusion世代のコンピュータープロセッサの戦略的開発の一環として、2006年にAdvanced Micro Devices(AMD)によって56億ドルで買収されました。 ATIとその主要な競争相手であるNVidiaは、グラフィックプロセッサ市場で優位を獲得したため、他のメーカーに市場でのより狭い役割を強いました。 現在、AMDは製品にATIブランド名を使用していません。

ATI2Mtagは、 ATI 2 D M obili t y Radeon Driver Pack ag eの略です

Ati2mtag.sysはWindowsドライバーです。 ドライバーは、コンピューターがハードウェアまたは接続されたデバイスと通信できるようにする小さなソフトウェアプログラムです。 これは、ドライバーがオペレーティングシステム、ハードウェアなどの内部に直接アクセスできることを意味します。無料のファイル情報フォーラムは、ati2mtag.sysがWindowsシステムファイルであるか、信頼できるアプリケーションに属しているかを判断するのに役立ちます。

無料のスキャンを実行して、更新が必要なati2mtagドライバーを確認します

ATI Radeon WindowsNT Miniport Driverとして知られるプロセスは、ATI Technologies(www.ati.com)のソフトウェアATI Radeon WindowsNT Miniport Driverに属します。

説明:元のati2mtag.sysはWindowsの重要な部分であり、ほとんど問題を引き起こしません。 Ati2mtag.sysはC:\ Windows \ System32 \ driversフォルダーにあります。 Windows 10/8/7 / XPでの既知のファイルサイズは、3, 565, 056バイト(すべてのオカレンスの33%)、1, 972, 224バイト、さらに5つのバリアントです。

ドライバは、コントロールパネルのサービスまたは他のプログラムから起動または停止できます。 このプログラムには表示ウィンドウがありません。 このサービスの詳細な説明はありません。 したがって、技術的なセキュリティ評価は19%危険です。 ただし、この評価とユーザーレビューを比較する必要もあります。

重要:特にC:\ Windows \ System32 \ driversフォルダーにない場合、一部のマルウェアはati2mtag.sysを装います。 したがって、PCのati2mtag.sysプロセスをチェックして、脅威であるかどうかを確認する必要があります。 コンピューターのセキュリティを確認するには、 セキュリティタスクマネージャーをお勧めします。 これは、 ワシントンポストおよびPCワールドトップダウンロードピックの 1つです。

クリーングパソコンはati2mtagに関わる問題が解決できる重要なことです。 つまり、マルウェアのスキャンを実行し、1つのcleanmgrと2つのsfc / scannowを使用してハードドライブをクリーニングし、3つの不要なプログラムをアンインストールし、自動起動プログラムを確認し(4 msconfigを使用)、Windows 5自動更新を有効にします。 定期的にバックアップを実行すること、または少なくとも復元ポイントを設定することを常に忘れないでください。

実際に問題が発生した場合は、最後に行ったこと、または問題が初めて現れる前に最後にインストールしたことを思い出してください。 6 resmonコマンドを使用して、問題の原因となっているプロセスを特定します。 深刻な問題が発生した場合でも、Windowsを再インストールするよりも、インストールを修復するか、Windows 8以降のバージョンでは7 DISM.exe / Online / Cleanup-image / Restorehealthコマンドを実行することをお勧めします。 これにより、データを失うことなくオペレーティングシステムを修復できます。

コンピューターのati2mtag.sysプロセスの分析に役立つように、次のプログラムが役立つことが証明されています。セキュリティタスクマネージャーは、キーボードやブラウザーの監視や自動開始エントリなどの隠しプロセスを含む、実行中のすべてのWindowsタスクを表示します。 独自のセキュリティリスク評価は、プロセスが潜在的なスパイウェア、マルウェア、またはトロイの木馬である可能性を示します。 B Malwarebytes Anti-Malwareは、スリープ状態のスパイウェア、アドウェア、トロイの木馬、キーロガー、マルウェア、トラッカーをハードドライブから検出して削除します。

関連ファイル:

shellexperiensehost.exe cleanmgr.exe xperiacompanionservice.exe ati2mtag.sys vwifibus.sys v.sct scrobj.dll amwellvideowindow.exe ss2devprops.dll peopleexperiencehost.exe rlm.foundry.exe svctcom.exe

関連記事