acaptuser32.dllとは何ですか?

正規のacaptuser32.dllファイルは、 Adobe Systemsの Adobe Acrobatのソフトウェアコンポーネントです。

Acaptuser32.dllは、Adobe Acrobat、Adobeが作成したソフトウェアおよびWebサービスのグループに属するDLL(ダイナミックリンクライブラリ)ファイルであり、PDF(Portable Document Format)でファイルを作成、表示、変更、および印刷します。 DLLファイルには、正しく機能するために1つ以上のプログラムが必要とするデータ、コード、およびリソースが格納されます。 これは重要なWindowsコンポーネントではないため、問題が発生することがわかっている場合は削除する必要があります。 Adobe Acrobatには、PDFファイルの表示、印刷、注釈付けが可能なフリーウェアツールであるReader(以前のAcrobat Reader)がバンドルされています。 Acrobat(以前のAcrobat Exchange)、PDFドキュメントを作成できる有料ソフトウェア。 Acrobat.com、ファイルホスティングサービス。 Adobe Systems Incorporatedは、Webデザイン、ビデオ編集、Webホスティング、画像編集、サーバー、およびFlashやPDFなどのフォーマット用のソフトウェア製品を開発するアメリカのソフトウェア大手です。 同社は1982年にチャールズ・ゲシュケとジョン・ワーノッキンによって設立され、現在はカリフォルニア州サンノゼに本社を置いています。

ACaptUser32は、Acrobat 3D Capture ユーザーインターフェイス( 32ビット)を表します

Acaptuser32.dllはWindows DLLファイルです。 DLLは、Dynamic L ink L ibraryの略語です。 DLLファイルは、プログラムコード、データ、およびリソースが含まれているため、プログラムまたはWebブラウザー拡張機能に必要です。 次の情報は、acaptuser32.dllがWindowsシステムファイルであるか、信頼できるアプリケーションに属しているかを判断するのに役立ちます。

3D Capture Dll(バージョン9.5、9.4)または3D Captureとして知られるプロセスは、Adobe Systems(www.adobe.com)のソフトウェア3D Capture Dllまたは3D Capture Dynamic Link Libraryに属します。

説明: Acaptuser32.dllは、Windows OSにとって不可欠ではなく、比較的少ない問題を引き起こします。 acaptuser32.dllファイルはC:\ Windows \ System32フォルダーにあります。 Windows 10/8/7 / XPの既知のファイルサイズは112, 056バイト(すべての出現の46%)、111, 992バイトまたは114, 280バイトです。

プログラムには可視ウィンドウがあります。 アプリケーションは、Windowsブートプロセス中にロードされます(レジストリキー:AppInit_DLLsを参照)。 Windowsシステムファイルではありません。 Acaptuser32.dllは、Verisign署名ファイルです。 ファイルにはデジタル署名があります。 Acaptuser32.dllは、キーボードとマウスの入力を記録し、アプリケーションを監視し、他のプログラムを操作できます。 したがって、技術的なセキュリティ評価は4%危険ですが、ユーザーレビューも読む必要があります。

この亜種のアンインストール:開発者Adobeは、支援のためのサポートサイトとアンインストーラーを提供します(コントロールパネル⇒プログラムのアンインストール⇒3D Capture Dynamic Link Library )。

重要:一部のマルウェアは、特にC:\ Windows \ System32フォルダーにない場合にacaptuser32.dllを装います。 したがって、PC上のacaptuser32.dllプロセスをチェックして、脅威であるかどうかを確認する必要があります。 コンピューターのセキュリティを確認するには、 セキュリティタスクマネージャーをお勧めします。 これは、 ワシントンポストおよびPCワールドトップダウンロードピックの 1つです。

クリーングパソコンはacaptuser32に関わる問題が解決できる重要なことです。 つまり、マルウェアのスキャンを実行し、1つのcleanmgrと2つのsfc / scannowを使用してハードドライブをクリーニングし、3つの不要なプログラムをアンインストールし、自動起動プログラムを確認し(4 msconfigを使用)、Windows 5自動更新を有効にします。 定期的にバックアップを実行すること、または少なくとも復元ポイントを設定することを常に忘れないでください。

実際に問題が発生した場合は、最後に行ったこと、または問題が初めて現れる前に最後にインストールしたことを思い出してください。 6 resmonコマンドを使用して、問題の原因となっているプロセスを特定します。 深刻な問題が発生した場合でも、Windowsを再インストールするよりも、インストールを修復するか、Windows 8以降のバージョンでは7 DISM.exe / Online / Cleanup-image / Restorehealthコマンドを実行することをお勧めします。 これにより、データを失うことなくオペレーティングシステムを修復できます。

コンピューター上のacaptuser32.dllプロセスの分析を支援するために、次のプログラムが役立つことが証明されています。セキュリティタスクマネージャーは、キーボードやブラウザーの監視や自動開始エントリなどの埋め込み隠しプロセスを含む、実行中のすべてのWindowsタスクを表示します。 独自のセキュリティリスク評価は、プロセスが潜在的なスパイウェア、マルウェア、またはトロイの木馬である可能性を示します。 B Malwarebytes Anti-Malwareは、スリープ状態のスパイウェア、アドウェア、トロイの木馬、キーロガー、マルウェア、トラッカーをハードドライブから検出して削除します。

関連ファイル:

tdx.sys pstubxx.exe mctdesktopsvr.exe acaptuser32.dll hb.exe vssservice.exe optimizerpro1.exe atiw.exe gmsipci.sys wrconsumerservice.exe desktopmania.exe

関連記事