WUDHostウイルスを削除する方法

ほとんどのウイルス対策プログラムはWUDHost.exeをマルウェアとして識別します。たとえば、F-SecureはTrojan.Generic.KDV.129481として識別し、シマンテックはTrojan.GenまたはWS.Reputation.1として識別します。

WUDHost.exeファイルは、 MicrosoftのMicrosoft Windowsのソフトウェアコンポーネントです。

Microsoft Windowsはオペレーティングシステムです。 コンピューターのハードウェアとソフトウェアの対応物の間のブリッジとして機能するソフトウェア。 Wudhost.exeは、Windows環境で動作するハードウェアドライバーの統計情報を表示するリソースモニターを実行します。 これは重要なWindowsコンポーネントであり、削除すべきではありません。MicrosoftWindowsオペレーティングシステムは、グラフィカルユーザーインターフェイスを備え、1985年11月に初めて登場しました。グラフィカルユーザーインターフェイス。 Microsoft Windowsはかつて90%のシェアで市場を支配し、Appleなどの大規模な競合他社を引き継ぎました。 現在、137以上の言語で利用できます。

マイクロソフトは、ホームコンピューティング業界の成長の主な動機の1つであることに責任を持つアメリカのソフトウェア開発者です。 1975年にビルゲーツとポールアレンによって設立されたマイクロソフトは、現在、収益で世界最大のソフトウェア開発者の1つです。 それは時価総額でAndroidに次ぐWindowsオペレーティングシステムで最もよく知られています。 マイクロソフトの本社は米国ワシントン州レドモンドにあります。

$config[ads_text6] not found

WUDHostはW indows U ser-mode D river Hostの略です

無料のファイル情報フォーラムは、それを削除する方法を見つけるのに役立ちます。 このファイルに関する追加情報がある場合は、コメントまたは他のユーザーへの提案を残してください。

クリックしてWUDHost.exeマルウェアの無料のウイルススキャンを実行します

WindowsタスクマネージャーのWUDHost.exeプロセス

Windows Driver Foundation-User-mode Driver Framework Host ProcessまたはSEOSuiteとして知られるプロセスは、Microsoft(www.microsoft.com)またはApex Pacific PtyのソフトウェアMicrosoft Windows Operating SystemまたはExplorerに属します。

説明: WUDHost.exeはWindowsにとって必須ではなく、多くの場合問題を引き起こします。 WUDHost.exeは、ユーザーのプロファイルフォルダーのサブフォルダー(たとえば、 C:\ Users \ USERNAME \ AppData \ Roaming \ Microsoft \ Windows \ )にあります。 Windows 10/8/7 / XPでの既知のファイルサイズは、52, 736バイト(すべてのオカレンスの33%)、795, 136バイトまたは8, 363, 008バイトです。

ファイル情報はありません。 プログラムは表示されません。 Windowsシステムファイルではありません。 WUDHost.exeは圧縮ファイルのようです。 したがって、技術的なセキュリティ評価は67%危険ですが、ユーザーレビューも考慮する必要があります。

  • WUDHost.exeが "C:\ Program Files"のサブフォルダーにある場合、セキュリティ評価は76%危険です。 ファイルサイズは357, 888バイト(すべてのオカレンスの50%)または20, 992バイトです。 アプリケーションにはファイルの説明がありません。 Windowsの起動時にアプリケーションが起動します(レジストリキー:MACHINE \ Run、Runを参照)。 Windowsシステムファイルではありません。 WUDHost.exeは、キーボードとマウスの入力を記録し、アプリケーションを監視し、他のプログラムを操作できます。
  • WUDHost.exeが「C:\ Program Files \ Common Files」フォルダーにある場合、セキュリティ評価は56%危険です。 ファイルサイズは200, 704バイト(すべてのオカレンスの50%)または4, 939, 776バイトです。 ファイル情報はありません。 プログラムは表示されません。 Windowsシステムファイルではありません。
  • WUDHost.exeがC:\ Windowsフォルダーにある場合、セキュリティ評価は62%危険です。 ファイルサイズは620, 408バイトです。
  • WUDHost.exeがC:\ Windows \ System32フォルダーにある場合、セキュリティ評価は96%危険です。 ファイルサイズは51, 712バイト(すべてのオカレンスの50%)または103, 936バイトです。
  • WUDHost.exeが一時ファイル用のWindowsフォルダーにある場合、セキュリティ評価は70%危険です。 ファイルサイズは96, 768バイトです。

重要:PC上のWUDHost.exeプロセスをチェックして、脅威であるかどうかを確認する必要があります。 コンピューターのセキュリティを確認するには、 セキュリティタスクマネージャーをお勧めします。 これは、 ワシントンポストおよびPCワールドトップダウンロードピックの 1つです。

次のプログラムは深層分析する時に役に立ちます。セキュリティータスクマネジャーは活性化しているWUDHostプロセスを調べて、何をするプロセスか教えてくれます。 Malwarebytesの有名なBマルウェア対策ツールは、コンピューターのWUDHost.exeに迷惑な広告が表示され、速度が低下したかどうかを示します。 この種の不要なアドウェアプログラムは、一部のウイルス対策ソフトウェアではウイルスと見なされないため、クリーンアップの対象としてマークされていません。

クリーングパソコンはPCトラブルを回避するための重要な要件です。 つまり、マルウェアのスキャンを実行し、1つのcleanmgrと2つのsfc / scannowを使用してハードドライブをクリーニングし、3つの不要なプログラムをアンインストールし、自動起動プログラムを確認し(4 msconfigを使用)、Windows 5自動更新を有効にします。 定期的にバックアップを実行すること、または少なくとも復元ポイントを設定することを常に忘れないでください。

実際に問題が発生した場合は、最後に行ったこと、または問題が初めて現れる前に最後にインストールしたことを思い出してください。 6 resmonコマンドを使用して、問題の原因となっているプロセスを特定します。 深刻な問題が発生した場合でも、Windowsを再インストールするよりも、インストールを修復するか、Windows 8以降のバージョンでは7 DISM.exe / Online / Cleanup-image / Restorehealthコマンドを実行することをお勧めします。 これにより、データを失うことなくオペレーティングシステムを修復できます。

lbeepke.sys prxtbprod.dll torntv v9.0-bho.dll WUDHost.exe smpd.exe uagqecsvc.exe zooskmessenger.exe keychanger.exe wsc_proxy.exe btsync.exe s3dcservice.exe

関連記事