ContentProtectorウイルスを削除する方法

WindowsタスクマネージャーのContentProtector.exeプロセス

Content Protector Main Serviceとして知られるプロセスは、「Artex Management SA」のソフトウェアContent Protectorに属します。

説明: ContentProtector.exeはWindowsにとって必須ではなく、多くの場合問題を引き起こします。 ContentProtector.exeは、「C:\ Program Files」のサブフォルダー(たとえば、 C:\ Program Files \ ContentProtector \)にあります。 Windows 10/8/7 / XPでの既知のファイルサイズは、687, 336バイト(すべてのオカレンスの33%)、709, 376バイト、さらに4つのバリアントです。

このプログラムには表示ウィンドウがありません。 信頼できる企業によって認定されています。 Windowsシステムファイルではありません。 ContentProtector.exeは、アプリケーションの監視ができます。 したがって、技術的なセキュリティ評価は56%危険です。

このバリアントのアンインストール:Windowsコントロールパネルの[プログラムのアンインストール]機能(Windows:[スタート]、[設定]、[コントロールパネル]、[プログラムのアンインストール]を使用して、サポート[1] [2] )。

重要:PCのContentProtector.exeプロセスをチェックして、脅威であるかどうかを確認する必要があります。 コンピューターのセキュリティを確認するには、 セキュリティタスクマネージャーをお勧めします。 これは、 ワシントンポストおよびPCワールドトップダウンロードピックの 1つです。

次のプログラムも、より深い分析に役立つことが示されています:セキュリティタスクマネージャーは、コンピューター上のアクティブなContentProtectorプロセスを調べて、それが何をしているのかを明確に伝えます。 Malwarebytesの有名なBマルウェア対策ツールは、コンピューターのContentProtector.exeに迷惑な広告が表示され、速度が低下するかどうかを示します。 この種の不要なアドウェアプログラムは、一部のウイルス対策ソフトウェアではウイルスと見なされないため、クリーンアップの対象としてマークされていません。

クリーングパソコンはPCトラブルを回避するための重要な要件です。 つまり、マルウェアのスキャンを実行し、1つのcleanmgrと2つのsfc / scannowを使用してハードドライブをクリーニングし、3つの不要なプログラムをアンインストールし、自動起動プログラムを確認し(4 msconfigを使用)、Windows 5自動更新を有効にします。 定期的にバックアップを実行すること、または少なくとも復元ポイントを設定することを常に忘れないでください。

実際に問題が発生した場合は、最後に行ったこと、または問題が初めて現れる前に最後にインストールしたことを思い出してください。 6 resmonコマンドを使用して、問題の原因となっているプロセスを特定します。 深刻な問題が発生した場合でも、Windowsを再インストールするよりも、インストールを修復するか、Windows 8以降のバージョンでは7 DISM.exe / Online / Cleanup-image / Restorehealthコマンドを実行することをお勧めします。 これにより、データを失うことなくオペレーティングシステムを修復できます。

cpuminer-gw64.exe hpssfupdater.exe netsession_win_5891ae0.dll ContentProtector.exe sgrmbroker.exe findfast.exe solutolauncherservice.exe videocardmonitorii.exe mctkschedulerservice.exe ua.exe asghost.exe

関連記事